ジェネリック医薬品を使ったAGAの治療

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?
ジェネリック医薬品とは新薬の特許が切れた後に、別の製薬メーカーが同じ有効成分で作ったお薬のことを指します。

  • 薬の形状
  • コーティング剤
  • 見た目の色
  • 味や感触
  • 添加物

これらが違うだけで有効成分は全て一緒なので、効き目や安全性に関しても全く一緒なのです。

AGAの治療でジェネリック医薬品を使うメリットは?

現在では医療現場でジェネリック医薬品の使用が推進されており、AGAの治療薬のジェネリックも次々と登場しています。

「正規品の方が良いのではないか?」と疑問を抱えている男性は多いものの、ジェネリック医薬品でAGA治療を行うメリットは幾つかあり、一度確認しておきましょう。

  • 開発費用が安く済むので先発品よりも安い料金で購入してAGA治療を続けられる
  • 金銭的な負担を抑えて抜け毛や薄毛への対策を長期間に渡って行える
  • 新薬によって得られる効果や引き起こされる副作用などの情報が既に出回っている

何よりも薬の購入費用が安くなるのが最大のメリットで、プロペシアの10分の1程度で入手できる医薬品もあります。

AGA治療を行うに当たって費用はネックになりやすく、お金がかかることが原因で諦めてしまう男性は少なくありません。

そこで大いに役立つのがジェネリック医薬品で、AGA専門クリニックで医師から処方してもらうにしても、オオサカ堂などの個人輸入代行業者を利用するにしても圧倒的に安い価格で購入できるのです。

代表的なAGA治療のジェネリック医薬品は?

以下では代表的なAGA治療のジェネリック医薬品を幾つか挙げてみました。

どんなお薬を使って薄毛を克服していこうか迷っている男性は一度チェックしておきましょう。

  • ファイザーのフィナステリド錠(プロペシアのジェネリックでDHTを阻害する)
  • フィンペシア(プロペシアのジェネリックで販売実績年数が最も長い)
  • カークランド(塗布タイプのジェネリックで発毛効果を持つミノキシジルが含まれている)
  • フィナロ(プロペシアのジェネリックで100錠当たり最安値が約2,428円と格安)

料金設定には違いがありますが、どれも新薬と同じように有効成分が含まれています。

中でもプロペシアのジェネリック医薬品は様々な製薬会社から登場していて、上記以外にも「サワイ」「エフペシア」「フィナバルド」など様々です。

個人輸入代行業者を利用すれば更に安い料金で購入できますが、医薬品を服用するに当たっての注意事項の説明を医師から受けられないので十分に注意してください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP