AGAの治療で使われる内服薬のアボルブ

AGAの治療で使われる内服薬のアボルブの効果は?

AGAの治療で使われる内服薬のアボルブの効果は?
アボルブは主成分のデュタステリドを含む内服薬で、元々は前立腺肥大治療薬として使われていました。

しかし、研究によってAGAの治療にも効果的だと分かり、現在ではAGA専門クリニックでも処方されています。

英国グラクソ・スミスクライン社で開発され、デュタステリドを配合したAGA治療薬として国内承認を得ているので安心です。

アボルブを服用することにより、どのような効果が得られるのか見ていきましょう。

  • デュタステリドによってⅠ型とⅡ型の両方の5αリダクターゼの働きを阻害できる
  • 男性ホルモンのテストステロンが悪玉のDHT(ジヒドロテストステロン)に変わるのを防ぐ
  • 結果的にDHTの産生量を減らせるのでヘアサイクルが整い抜け毛を予防できる

作用機序としてはプロペシアと似ており、「世界的に有名なプロペシアを服用した方が良いのでは?」と考えている男性は少なくありません。

しかし、Ⅱ型の5αリダクターゼにしか作用しないプロペシアと比べて、アボルブはⅠ型にも作用するのでよりAGAの治療薬として効果的なのです。

フィナステリドが効かない体質の男性もいますし、AGAによる抜け毛や薄毛の症状を改善できないのであれば病院でアボルブを処方してもらいましょう。

アボルブを服用する際の注意点は?

以下ではAGAの治療でアボルブを服用する際の注意点を幾つか挙げてみました。

  • 1日に0.5㎎を1回経口摂取する形となり、自分勝手な判断で量や回数を増やしてはいけない
  • 肝機能や腎機能に何かしらの障害を持っている男性は服用できない
  • 前立腺がんの検査でPSAの数値が半減するので、会社で健康診断を受ける男性はアボルブを服用している旨を医師へと事前に伝えなければならない
  • DHT(ジヒドロテストステロン)を減らす働きがあるので性欲減退や男性機能の低下といった副作用のリスクがある

医薬品という点では全く一緒なので副作用のリスクがあり、間違った飲み方を続けていると症状が重くなる可能性があるので気を付けてください。

アボルブと組み合わせてAGA治療を受けよう

アボルブと他の医薬品を組み合わせることで、よりAGAの治療効果を高められます。

頭頂部や生え際の発毛に効果的なミノキシジルタブレットや髪の毛に欠かせない亜鉛を含むサプリメントのジンクエナジー、ミノキシジルが配合された塗布タイプの外用薬のリアップX5プラスなどが有名です。

AGAの治療はどれか一つだけ行うのではなく、多角的なアプローチが必要なので医師の指示に従って取り組んでみましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP