AGAの治療で使われる外用薬のミノキシジル

AGAの治療で使われる外用薬のミノキシジルの効果は?

AGAの治療で使われる外用薬のミノキシジルの効果は?
ミノキシジルはAGAの治療で使われる外用薬の中でも有名です。

  • 内服タイプで有名な医薬品はプロペシア
  • 外用タイプで有名な医薬品はミノキシジル

この2つがAGAの代表的な治療薬と言っても過言ではなく、どちらも日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでAランクという高い評価を得ています。

ミノキシジルは基本的に塗布タイプの育毛剤や発毛剤の有効成分として入っており、血管を拡張させる効果を持つのが特徴です。

なぜAGAによる抜け毛や薄毛の対策として適しているのかメカニズムについて見ていきましょう。

  1. ミノキシジルは元々は高血圧の治療として医療機関で使われていた
  2. 現在ではAGAの代表的な治療薬で血管拡張作用で血行不良を改善できる
  3. 毛根へと行き渡る栄養素の量を増やして髪の毛の成長を促せる
  4. 同時に毛乳頭細胞へと働きかけて細胞増殖因子の産出を促すアデノシンと呼ばれる成分を分泌させる
  5. 長期間に渡って塗布を続けることで発毛を促す効果が期待できる

プロペシアが抜け毛を予防する守りの治療ならば、ミノキシジルは直接的に発毛を促す攻めの治療です。

有効成分の含有量に関しては1%~15%と製品によって様々で、濃度が高ければ高いほど効果は高くなります。

その代わりに皮膚が赤くなったり痒くなったりと副作用を引き起こすリスクが高くなり、自分のAGAの症状に合わせて適切な育毛剤を選んでください。

ミノキシジルを使用するメリットは?

ミノキシジルを使ってAGA治療を行うに当たり、どのようなメリットがあるのかまとめてみました。

  • ジェンヘアーなど濃度の高い育毛剤を使えば高い発毛効果を得られる
  • リアップであればマツモトキヨシなどのドラッグストアで購入できる
  • 育毛剤さえ手に入れれば後は自宅でお風呂上がりを目安に塗布するだけで良い
  • 日本だけではなく世界中で育毛対策として用いられている(科学的に有効性が認められている)

副作用が心配という男性は、濃度の低いミノキシジルを含む外用薬から使ってみましょう。

内服タイプのミノキシジルタブレットもある

ミノキシジルは外用薬だけではなく、内服タイプのミノキシジルタブレットもあります。

AGA専門クリニックや個人輸入代行業者を利用して入手でき、頭皮へと直接塗布するのではなく身体の内側から作用させるというメカニズムです。

経口摂取の方が確実に有効成分が行き渡りますが、ミノキシジルタブレットの方が倦怠感や多毛症といった副作用のリスクが高いので服用の際は十分に注意してください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP